産業カウンセラーを取得した先輩方の経験談③

2020年4月16日

3回目は、Oさんの経験談をご紹介します。

 

「以前から気になっていた産業カウンセラー養成講座。

しかし時間的にも資金的にも躊躇するところがあり、何年も見て見ぬふりをしてきた。

そんな私が受講を決意したきっかけは、けがをして仕事を辞めたこと。

心身ともに疲れきって立ち止まっていたが、

何かに挑戦することで新しい一歩を踏み出したいと受講を決めた。」

 

これは、合格後に依頼を受けて書いた私の体験記の一部です。

今となっては懐かしい、2012年の受講でした。

迷いに迷った末の受講でした。

でも、この挑戦は私の大きな転機になりました。

当時、受講は「資格を取る!」ことが目標だったつもりが、

仲間との学びの中で、疲れきっていた心はいつのまにか癒され、背中を押され、

知識を知ることで、自然に前に踏み出す勇気が持てるようになっていきました。

養成講座での学びの目的は、

「資格を取得する」「カウンセリングを行う」ということだけではないと思います。

人との出会いや知識との出会いは、自分自身の力になり、自信になるように思います。

一言では言い表せません。迷っている方、どうぞこの体験をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

◆産業カウンセラーに興味をお持ちの方は下記までお問い合わせください。

日本産業カウンセラー協会東京支部 山梨事務所

TEL:055-230-1331

FAX:055-222-6996

E-mail:yamanashi@counselor-tokyo.jp

おすすめ記事

人気記事ランキング

TOPへ戻る