治療と仕事の両立を考える~第1回社会貢献カフェ開催報告

2021年7月28日

6月25日(金)19:00〜21:00、オンラインにて、第1回社会貢献カフェを開催しました。担当部署が社会貢献推進部に変わってから初めての開催となります。今回は、社会貢献推進部の中でも、がん治療と仕事の両立支援グループが担当。「治療と仕事の両立を考える~人生100年時代におけるがん治療と仕事の両立~」と題し、2人の講師にご登壇いただきました。

まずは、NPO法人キャンサーリボンズ副理事長である岡山慶子氏の
「人生100年時代の「働く」を考える~支える・支えられるために何が必要か」
続いて、NPO法人キャンサーリボンズサバイバーボードメンバーの白水千穂氏の「七転八倒のち、八起き 働くがん患者これまでとこれから」です。

講演のあとはグループワークの時間でした。
30名近くの参加者の中には、福岡や高知など遠方からの参加もありました。
また、がんのサバイバーや病気を持った方も複数いらっしゃいました。みなさん非常に熱心で、さまざまな立場から社会貢献をしたいという気持ちが伝わってきて、グループワークの時間が足りなくなるほどでした。

<参加者の声>
・ 二つのテーマが、相互に、それぞれの内容をより理解を深めやすいものになっていたと思います。プログラム構成がとてもよく、講師の先生のお話も一言ひとことが心に残るものでした。
各セッションからのフィードバックも自分では気づけなかった点、言葉に表せなかったことがたくさん出てきて、よい振り返りとなりました。参加させていただきありがとうございました。

・命を考える機会になりました。人は支え合って今日を生きているのだとあらためて思いました。
今、闘病中や治療中の方には、辛い時には、貴方を大事に思っている(必要としている)人の顔を想い浮かべて欲しいと思います。
涙の向こうには光があると信じます。

より深い学びのために以下の講座をお勧めします!
S‐507 職場における「がん治療と仕事の両立」支援スキルアップセミナー8月コース(全2回)
【開催日時】8月14日(土)・8月22日(日)10:00~17:00 (全2回)
【開催場所】オンライン(Zoom)

7月8日、この講座にご登壇いただいた白水千穂氏がご逝去されました。
ご生前のお姿をお偲びし、感謝の気持ちとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。

おすすめ記事

人気記事ランキング

TOPへ戻る