こころのレシピ Vol.22 新型コロナの後遺症がある部下への対応について

2022年5月2日

東京支部では、日常生活や仕事の中のストレスや苦難を乗り越えるための知識や工夫を産業カウンセラーの立場からお答えし、ブログで紹介することで、少しでも皆さんのお役に立てればと考えます。
第22回は、看護師・産業カウンセラー・キャリアコンサルタントとして活躍する千葉友翔里さんの登場です。ぜひご一読いただければと思います。
※相談内容・相談者は、実際に寄せられている内容を加工・編集しており、実際の相談内容をそのまま掲載したものではございません。

【ご相談:Mさん 50代 女性】

私はある企業で管理職をしています。
1か月前に、ある部下が新型コロナウィルス感染症に感染しました。
その部下は重症化せず、自宅療養を経て職場復帰をしたのですが、様子が以前と違うように感じます。明らかに口数が減り、笑顔がなくなったのです。

そんな中、本人と1on1面談をした際に、後遺症と闘っていると打ち明けられました。症状としては、気分の落ち込み、耳鳴り、耳鳴りからくる頭痛らしいのです。

また、他のチームメンバーもその部下の異変に気が付いています。管理職として「他のメンバーにも状況を説明し、チーム全員でサポートした方が良いのかどうか…」と悩んでいます。
耳鳴りや頭痛も気になりますが、特に気分の落ち込みは正直見ていられないくらい明らかなので、上司として何とかサポートしたいと思っています。

どのようにサポートすれば良いのか教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

(千葉)

今回はご相談をお寄せいただき、ありがとうございました。

部下の方が新型コロナウイルスに感染されたとのこと、重症化せず職場復帰されたとのことで、ホッと胸をなで下されたのではないかと推察いたしますが、後遺症に悩まれていることが分かったのですね。様子が以前と明らかに違い、笑顔も少なくなったということで、さぞご心配なさっていることと思います。

面談で打ち明けてくださったのは、Mさんを部下の方が信頼なさっているからこそではないかと感じます。今回のご相談からも、部下の方に親身に寄り添おうとされるMさんの姿勢が伝わってまいりますが、その誠実な態度によって、着実に信頼関係を築いてこられたのでしょうね。

まずはMさんから部下の方に、心配していること、サポートしていきたいと考えていることについてお伝えになってみてはいかがでしょう。
それだけでも部下の方にとっては、大きなこころの支えになるのではないかと感じます。
その上で、現在後遺症に対して治療を受けているのであれば、差し支えない範囲でその内容、主治医の見解について確認していただき、職場として配慮できることがないか、サポートのために他のチームメンバーにどの程度まで情報共有をしていいかを、ご確認、ご相談いただければと思います。
また、Mさんの企業に産業医がいらっしゃれば、部下の方の承諾を得た上で、主治医からの情報を共有していただくことで、産業保健スタッフとも連携したサポートが行える可能性もありますので、そちらにも一度ご相談をご検討ください。
もし部下の方が現在医療機関にかかっていないということであれば、部下の健康管理に配慮することは上司の義務でもありますので、コロナ感染の診断を受けた病院など、再度受診を勧めていただくと共に、Mさんが上司としての対応を、産業医にご相談なさることもできるかと思います。

新型コロナウイルス感染症は、治療法や後遺症についてもまだまだ未解明で手探りのことが多く、感染したご本人を始め、周囲の不安が大きくなることもあるのではないかと考えます。
もしかすると気分の落ち込みにも、耳鳴りや頭痛だけでなく、それらがいつ治るのか、感染したことによってまわりから偏見を持たれるのではないかといった不安感が、関係している場合もあるかもしれません。

コロナ感染やその後も続く症状によってつらい思いをされていることを受け止め、理解を示された上で、どういったときに特に気分が落ち込むのかについても聴いていただくと、具体的なサポート方法が見えてくることもあるかと思いますので、部下の方がお話できる範囲でかまわないことを前置きの上、聴いてみていただければと思います。
いつ誰がかかってもおかしくはない状況の中、もし感染したとしてもそれは個人の責任によるところだけではありません。Mさんだけでなく仕事上で接するすべての方が共通した認識を持つと同時に、以前と変わらない態度で接し、サポートする姿勢を示すことが、部下の方の療養の支えとなっていくのではないかと考えます。ご参考になれば幸いです。

下記のサイトでは、新型コロナウイルス感染症関連の情報についてまとめています。

<こころの耳 新型コロナウイルス感染症対策(こころのケア)>
https://kokoro.mhlw.go.jp/etc/coronavirus_info/#head-4/

また、下記のページでは職場復帰に関して組織としてできること、相談への対応の仕方についても共有していますので、よろしければご参照ください。

<こころの耳 eラーニングで学ぶ「15分でわかるラインによるケア」>
https://kokoro.mhlw.go.jp/e-learning/linecare/

部下の方が安心してお仕事できる環境が整うこと、症状が快方に向かわれること、それによりMさんのご心配が少しでも和らぐことを、心よりお祈り申し上げております。

千葉 友翔里(ちば・ゆかり)
看護師・産業カウンセラー・キャリアコンサルタント。看護師の仕事を通して、患者さんとそのご家族に対しての療養上のメンタルヘルスケア、同僚に対しての仕事上のメンタルヘルスサポートを行っている。

 

こころのレシピでは、みなさまからの質問や相談の投稿を募集しております。
産業カウンセラーとして、また個人で疑問に思うことやお悩みなど、心の専門家に聞いてみたいことをお寄せください。記事には個人が特定できないような形に変更した上で掲載させていただきます。
また、すべてのご質問に確実にお返事できるものではないことをあらかじめご了承ください。
宛先はこちら→ tyo-kouhou@counselor.or.jp
※件名に「こころのレシピ」投稿募集と記載をお願いします。

 

 

 

おすすめ記事

人気記事ランキング

TOPへ戻る